×

CATEGORY

コンテンツ

アイテムから探す

レベルから探す

Q&A

HOME»  パイピングと袋返し縫い仕立では、ファスナーの付け方の違いは?

パイピングと袋返し縫い仕立では、ファスナーの付け方の違いは?

パイピング

パイピング

パイピングの場合はパイピングの山より少し控えた所に縫い位置をもってきます。

パイピング

ファスナーの端は折り込んで、千鳥どめする。
ファスナーは両端より8mm程度ひかえます。

パイピング

表に返した所です。この後、脇をとじます。

袋返し縫い仕立て

袋返し縫い仕立て

縫い代もパイピングもない状態の物です。待ち針で位置をきめます。

袋返し縫い仕立て
袋返し縫い仕立て

ファスナーは端から控えます。縫い始めです。ファスナーをすくい、布の表のきわをひかけてきます。

袋返し縫い仕立て

しっかり糸を引く前は縫い目の糸が見えています。表布にひつける様にしっかり糸をひきます。

袋返し縫い仕立て
袋返し縫い仕立て

片側のファスナーがつきました。布の厚み分ファスナーは立った様についてます。

袋返し縫い仕立て
袋返し縫い仕立て

端を折り込み、千鳥どめをします。

袋返し縫い仕立て
千鳥どめができました。
袋返し縫い仕立て
残りの片側にも待ち針で位置をきめます。
袋返し縫い仕立て
同じ様にファスナーをすくい、表布のきわをひかけてきます。
袋返し縫い仕立て
千鳥をします。
袋返し縫い仕立て

まちを付けて仕上げです。

袋返し縫い仕立て
袋返し縫い仕立て

このポーチはキットのかごめポーチと同じ形の物です。